2013/03/11

ピン打ちをしよう

ピン打ちとは、モーターの軸をビスの代わりに使用する技法のこと。
モーターの軸(モーターピン)をFRPに打ち込むからピン打ち。
一昔前は立体車でもリアローラーに良く使われていましたが
今でもフラット、特に井桁のローラー軸によく使われていますね。

今回はそんなピン打ちの話。

ピン打ちのメリットは
・長い
・曲がりにくい
・部品が減る
・ビス頭、ナットがない
この4つかなと思います。

一昔前は長いビスの供給も少なく
ローラー軸として使用するのには強度も不安でした。

それが今はステンレス製40mmビスや六角マウントによる補強。
さらに強度の高い両ネジやキャップスクリューの存在もあるので
長い&曲がりにくい選択肢はたくさんあります。
なので、現状でピン打ちという選択は必要なくなりました。

でもフラットレースでは未だに使われます。
これは後者2点、特に最後の1点の理由が大きいからだと思ってます。

ビス&ナット止めの場合は下段にビス頭があるので
ビス頭がバンク等で路面に擦らない位置が下限になると思います。
となると下限から考えてビス頭1個分、ローラーの下限は高くなります。
両ネジだと下段もナット止めになるのでローラー位置はより上がりますね。

ところがモーターピンを使用した場合はビス頭(ナット)が無くなるので
ローラーが装着できる下限がビス使用時より低くなります。


こんな感じですね。
ピンを打ち込むのでローラー幅は作成時に決めないといけないですが
LCに飛びこまなきゃいけないフラットレースでは
ローラーをギリギリまで下げられるメリットは大きいですね。

部品点数の削減はスペーサーやナットが減るので当然ですね。
部品が減ればメンテナンスも楽になりますし
なにより車体が軽くなります、これは言わずもがなですね。

僕が思いつくメリットはここまでですが
フラットの世界ではいまだに多用されていることを考えると
きっと他にもメリットは多いんだと思います。

---

とはいえピン打ちの話をすると
「敷居が高い」と聞くことも多かったりします。

確かに自分でFRP貼って位置を決めて穴をあけてピンを打って・・・
と考えると非常にハードルが高く感じてしまいますね。
これがフラットの参入障壁の1つなのかなぁと思ったり。

とはいえピン打ち自体は非常に便利な技法なので
身に着けると便利でおいしいところもあるので
ピン打ちの入門用にある程度簡単な方法を記載しようと思います。
これは自分の周りだと樺太さんがゆとりピン打ちと命名した方法です。

---

・用意するもの


3点止めステーに付属しているワイドプレート。
9,11,13,17,19mm用の幅増し穴がついていて優秀なパーツです。


これとモーターピンです。
一般的に使われるのは片軸モーターですね。
両軸は長すぎてかえって使いにくかったりします。


まずこのワイドプレートの穴を1.9mmのドリルで拡張します。
2.0mmだとスカスカ、1.8mmだとキツいので1.9がオススメです。
ちなみに1.9mmはFRPの時でも使用できるので
持っておいて損はないドリル刃の径です。

あとはモーターピンを打ち込むだけ。


モーターピンを打ち込むときは垂直を出すのが結構難しいのですが
片軸用のカウンターギアを治具に使うとある程度垂直が出るので
フリーハンドでピンを持つより精度が出しやすくてオススメです。



下段側はアルミスペーサーを使用してどこまで伸ばすか調整します。
あとはローラーを取り付ければ完成です。


830のような内径3mmのローラーは
モーターの中身やピニオンを削って圧入して、それをモーターピンに装着します。
画像のコレは紫ピニオンですね。


プラリンのような520が中身のものはそのままでピンに装着できます。
850や9mmのような内径5mmのローラーは520をインしてから装着かな?

ワイドプレートでそれぞれのローラー用の幅が出ているので
レギュレーションギリギリの幅も満たせて実用性も十分です。
このプレートの強度に不満を感じるようなら


ローラー部分だけ切り取ってカーボンにビス止めする方法もあります。
こうすれば強度も出るうえにカーボン既存のローラー穴も活かせますね。

ピン打ち部分をたくさん用意しておけば現場での交換もできるので
セッティング変更が容易になります。
これでさらに不満が出るなら、その時はFRPに穴をあけてピン打ちですね!

このぐらいの方法のピン打ちなら簡単なうえに精度も出しやすいので
3レーンのショップレースなどには使ってみて欲しいですね!

5 件のコメント:

  1. 待ってました!ピン打ち講座! よしやるぞ!・・・・。1.9mmのドリルってタミヤのピンバイスに入ってるドリルには無いサイズですよね...Orz
    タミヤさんで売ってましたっけ?
    なんにせよ、ちょっと敷居が高かったピン打ちが出来そうです^^

    返信削除
    返信
    1. >>N井くん
      タミヤのドリルは0.5きざみだった気がする。
      ちなみに2.0でもできるんだけどちょっとゆるいから立体走行には不安ある。
      でもお試しならいいかも

      僕はヨドバシとかで売ってる1本200円くらいのドリル刃買って使ってます。
      メーカーはミネシマだったかなぁ
      ちょっと短いけど気軽に買い換えられるからわりとアリ

      削除
  2. こんばんは!先ほど電池の件でコメントさせて頂いたヨッシーです!ご親切にアドバイスを頂けたので厚かましいとは思いますが、思い切ってお聞きしたいのですが!今走らせに行くコースで速い人で15秒前半で走らせる方が数人います後16秒台の方が数人いて僕が17秒前半です、3レーンのフラットコースなのですが電池が上手く充電出来たりなのか調子が良い時はラップタイマーを見ていても見た目でも一周目二週目と速いペースで走って来る事が有るのですが、そうなるとLCで飛んでしまいます。最初は下りの所でフェンスにカスリもせずスッポ抜けていたのですが、色々やっている内に最近はフェンスに有る程度引っ掛りながら飛んで行く様には成って来たのですが、たまに運よくコース内にとどまると16秒中盤位は出る事が有るのですが稀な事です、これ以上何をどうすれば良いのか思いつきません!15秒台で走らせる方たちは何回走らせも安定して、車が余り浮き上がらず、スコンスコンって感じ綺麗にLCを抜けて行きます。今はMSとARを走らせていて、それぞれでフロントWA、13ミリアルミ、950等
    リヤ19ミリプラリン、950、等でスラストを紙を一枚、二枚と増やしていき五枚入れて見た目明らかに前傾が付いいても余り効果が有る様には思えません前後共です、スタビも11ミリやクラウンギヤ等使い高さもあれこれローラー高さも色々試しましたし、ブレーキもAR用やMS用、直FRPにゴム管等々試しましたが、17秒が越えられません、良くみているとLC出口で左に回転する様な感じで出て来てCOするパターンが殆どですアウトリフトを起こしている事は間違い無い様なのですが速い方たちはブレーキも付けない方もいます、以前サイトで紹介されていた、3レーン用スコーチャーを参考にしてブレーキ等付けずシンプルな仕様も試しましたが、結果は変わりませんでした(-。-;
    今の所シャーシは無加工です。
    ズバリ答えを教えて頂けるとは思っていませんが、お時間が有る時で結構ですので何かアドバイスを頂けないでしょうか!
    よろしくお願いします。

    返信削除
    返信
    1. >>ヨッシーさん
      率直に言いますと、自分に出来るアドバイスはありません。

      理由を言うと、極端な例ですが例えばフラットのマシンなどは
      「右前WA、他は830で全てピンを打ってます。ブレーキはありません」
      というセッティングが8割以上になります。
      ですがそのセッティングでも結果は千差万別になります。

      なのでローラー等のセッティングをどんなに詳しく書いていただいても
      他の要因も強いので判断できないという事が一点。

      さらに、コースコンディション等もお店によって様々ですので
      その場を知らない人間が迂闊に発言すべきではないと思ってます。
      お店で速くて安定している人がいるのであれば
      お店で速くて安定している人に聞くのが1番だと思います。

      削除
  3. ヨッシーです。そうですか、ありがとうございます。モーターや電池が良くなって車速が上がっても直ぐ飛んでしまうようなマシンしか作れない様ではまだまだですね(笑)またあれこれやってみます!
    ありがとうございました。

    返信削除

コメントを記入する際に
"コメントの記入者" 欄で "名前/URL" を選択すると
ハンドルネームとURLを入力することができます。